働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

自治体が運営する清掃工場で事務の仕事をしています

清掃工場運営のための事務をしています。

清掃工場は自治体が運営しているため、公的機関です。

本当は市役所で働きたいと思っていました。

ですが、面接試験で不合格になってしまいました。

抑えで受験した清掃工場で働くことになりました。

毎日の仕事内容

毎日、他の職員の出勤状況の確認や、電話応対が主な仕事です。

それに、契約で使用する契約書の作成や、代金の振込などを行っています。

基本的にはルーチンワークです。

稀に職員がケガをした際の対応など、イレギュラーな出来事が起こることもあります。

会社は200人くらい

会社は200人くらいで、私の部署には60人います。

私と同じ仕事をしているのは、12人です。

月々の平均収入は、23万円程度です。

作業に比べて明らかに多いと思います。

基本的には土日休みです。

稀に土曜日出勤があります。

ただ、特にやることもなく、ボーっとしているだけなので何だか得した気持ちになれます。

この仕事でつらかったこと

この仕事で辛かったことは、住民から指輪を間違えて捨ててしまったという連絡がありました。

大量のゴミを貯めておく場所を探さなければならなくなった時です。

例えるならば、太平洋に逃げたメダカに石を当てるようなものです。

見つけるのは、ほぼ不可能だというムード。

ですが、住民に言えるわけでもなく、とにかく懸命に探すふりをして諦めてもらいました。

嬉しかったこと

嬉しかったことは、清掃フェアというイベントを大成功させた時です。

特に子供が喜んでいました。

毎日残業をして、準備をした甲斐があったと思いました。

自分の子供や友人がこの仕事に就きたいと言ったら、勧めたいと思います。

特に環境に関心がなくても地域行政に貢献できる仕事です。

特にまちづくりに関心があるのであれば、向いている仕事だと言えます。

小さな住宅リフォーム会社にて事務として採用されました。

仕事内容は最初は書類作成と電話、来客対応、搬入される資材のチェックなどでした。

が、徐々に

  • チラシ作成
  • ホームページのチェック
  • 現場で工事後の片付けや顧客への集金
  • 小物やカタログのお届け
  • リフォーム相談会のためにショールームにて接客

など、ありとあらゆる可能な業務に従事しました。

仕事に就いたきっかけ

仕事探しの時期が小学生の育児の真っ最中でした。

なので、家からなるべく近く、定時に退社できる企業を探していました。

家から自転車で15分というところで募集していたので、タイミングが合ったという感じです。

1日の仕事の流れ

仕事内容は毎朝出勤してすぐにパソコンを起動。

その間に、社長や営業社員から書類作成やメール送信、資材発注などの指示を受けます。

また、大事なメールを印刷して各担当の机に配り(パソコンが使えない社員ばかりでした)ます。

そうしているうちに、下請けの業者さんから本日の現場の詳細の質問が来たりします。

また、お客様からの電話対応もあります。

さらに、その合間に書類作成(工事工程表、工事台帳、工事が近いときは近隣あいさつ文など)をひたすら作り続け、あっという間にお昼です。

正社員は10人ほど

正社員は10人ほど、あとは下請けさんで現場をまわしていました。

普通の会社よりは小さな仕事がけっこうあり、給料は手取りで最初は15万円ちょっと。

5年ほどで昇給し、手取り18万円くらいになりました。

建築系の資格(建築士、インテリアコーディネーター、CADなど)があればもっと高くなったと思います。

相場より低かったのではないでしょうか?

その会社で好きだった仕事、嫌いだった仕事

好きだった仕事は、Photoshopを使用してお客様の外壁や内装のカラーシミュレーション画像を作成したり、クロス(壁紙)をコーディネートすること。

嫌だったのは、現場の大工や業者さんへの振る舞いや、工事に伴う騒音のお客様や近隣住民の苦情対応です。

ほとんどはこちらが悪いのですが、中には言いがかりや理不尽な要求のものもあり、その日は胃が痛かったです。

一番辛かったのは、工事の概算の金額を電話で提示を要求され、提示すると高いだの安くしろだの(10万円の仕事を1万円でやれというような)ずっと電話口で喚かれて、来客のお客様を1時間くらい待たせてしまった事です。

住宅リフォームの仕事の良い所

住宅リフォームの事務で、やっていて良かった、楽しかった事は、やはり工事後、お客様にきれいになったと喜んで貰えたときでしょうか。

そう言って貰えるように、工事後の片付けに駆り出されたときは、工事してない箇所もなるべくきれいに掃除していました。

自分の子供にもオススメできる仕事かどうか?

もし自分の子供が同じ仕事をしたいと言ったら、「とにかくお客様の要望を、決して否定はしてはいけない」ということです。

多数のリフォーム工事をこなしてくると、自然とこのお客様にはこの商材が合いそう、とピンと来ることがあるのです。

が、要望を遮ってそれをおすすめしたりすると、お客様の意欲が削がれて商談決裂になってしまうことがありました。

「よく分からないからおまかせします」という方にも、何点か候補を出してお客様に選んで貰います。

安くはない買い物ですから、「自分で決めた」とお客様に思って貰うことが大事です。

あとは、やはり笑顔でいることですね。

笑顔第一です。

建設会社の一般事務の仕事をずっと続けています

建設会社の一般事務の仕事をしています。

私は整理整頓が好きで真面目なタイプなので、接客業よりも事務仕事が自分に合っていそうだなと思いこの仕事をしてみたいと思いました。

身内が建設会社で働いているので、同じ建設業界で働いてみたいなと思ったんですよね。

建設会社の一般事務の仕事はほとんど座って仕事

一般事務の仕事はほとんど座って仕事をします。

オフィス内でパソコンを使ってデータを入力したり、社内や社外などで必要な書類の作成や処理したり、来客対応や電話対応もします。

あとは、郵便物を仕分けたり発送したりもします。

営業の人へのお茶出しをしたり、掃除をしたりなどしています。

会社全体は5000人ぐらい、私の部署には15名ぐらい

会社全体は5000人ぐらいいます。

私の部署には15名ぐらい働いていて、事務仕事をしているのは私の他に2人います。

お給料は月に22万ぐらいです。

仕事量を考えるとこんなものかなと思っていますし、あまり残業もなく暇な時もあるので特に不満はありません。

上司や営業の人などに作業を頼まれて仕事をしています。

建設会社の一般事務の仕事でつまらないのは、パソコンへのデータ入力

パソコンにデータ入力する時はけっこうつまらないですね。

地味な作業なんです。

私は書類を作成したりすることが好きです。

営業の人が仕事で上手くいかない時は八つ当たりされることがあり、落ち込んだことがあります。

事務は営業の人をサポートするような感じなので、立場的に下に見てくる人もいるんですよね。

上司から書類が見やすいと言われたり、お茶を出して「ありがとう」と感謝されると仕事をしていて楽しい気持ちになります。

子供が建設会社の一般事務をやってみたいと言ったら

子供がこの仕事をやってみたいと言ったら、「整理整頓が好きで地味な仕事でもつまらないと思わないならやってみたら」と言うと思います。