働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

三度の飯より音楽が好き、書く事が好き、でライターになりました。

音楽系のフリーライターをしています。

これだけでは食べていくのに苦しいです。

なので、多少アルバイトをして収入を補うこともあります。

が、基本的にはライター業だけで生活しています。

フリーライターになったきっかけ

音楽系のフリーライターの仕事に就くきっかけは、元々その音楽雑誌の編集部で働いていたからです。

3年ほど勤めて退社して、フリーとして働き始めたんです。

仕事の増やし方

最初はその雑誌から仕事をもらっていました。

そして、徐々に横の繋がりや人づてに仕事先を増やしていきました。

案件の受注は基本的にはクライアントから声をかけてもらって、という感じです。

私は洋楽(R&B、Hip-hop)が専門というか得意なので、そういった特集の時に声がかかることが多いです。

仕事がつまらないということはない

この仕事をしていてつまらないということはないですね。

駆け出しの頃は、好きでもないCDのレビューをけなさないように書かなきゃいけなかったりして、それはちょっと苦痛でした。

が、仕事だと割り切れば平気でした。

仕事で好きなのは、好きなCDを紹介出来ること

この仕事で好きなのは、やっぱり自分の好きなCDを紹介出来ることですね。

それも新人とか、知る人ぞ知る、みたいな人を発掘してレビューを書き、なおかつ反響があったりすると、「ああ、この仕事をしていてよかった」と思うんです。

子供が音楽系のフリーライターをしたいと言ったら・・・

自分の子供か友達がこの仕事に就きたいと言ったら、包み隠さず内情を伝えますね。

稼げるような仕事ではないこと、自分の好きなことを書けばいいわけではないこと等々。

でも、とにかく音楽が好きで、書くことが好きなら、「やってみろ」と背中を押したいと思っています。

個人で在宅ライターとしていつも記事を執筆する仕事しています

昨今では色々な雇用形態が増えてきました。

私はITの力を利用して在宅でライターの仕事しています。

仕事内容は、主に業者さんに頼まれた色々な記事の執筆です。

フィクションの記事からリアルな記事など全てを含む執筆です。

在宅でライターになったきっかけ

元々デザイン会社に勤めていた経験からWEB業界に渡りました。

が、親の介護が重なり、どうしても一般の企業には時間の都合があわず。

在宅で仕事を始めたのがきっかけでした。

毎日の業務

毎日の業務は、常に情報にアンテナを立てて検索するのが仕事です。

常に情報を集めている為、一日中パソコンに向かっています。

又媒体を選ばずに新聞や、地元のフリーペーパー等にも目を通し、そこから、イメージを広げ記事を執筆する作業です。

案件の受注方法

案件の受注は全て自分がやっています。

ほぼ個人事業に近いかもしれません。

仕事をしていて辛いこと

この仕事をしていて辛いことは、記事を書く時に気持ちがのらないと、書けない事です。

一般の作業とは違い、作業を覚えるのではなく、常に新しい情報を察知しなければ仕事にならないので、辛いところです。

楽しい事

そして、私は想像しながら書くのが好きです。

例えばフィクションの記事などは、頭の中のストーリーを記事にするので、自由に内容が決めれて楽しいのです。

在宅でライターを目指す人へは

もしこの仕事を友人に紹介するにあたってのアドバイスがあるとすれば、自分自身をコントロールする事が重要になってきます。

一般の企業の場合は、休憩、昼休みなどが割り当てられていますが、この在宅ライターはいつでも自由です。

やる気がなければ、やらなくても良いのです。

しかし、当然ながら収入は減ります。

自分自身をコントロール出来なければ難しい仕事かもしれません。

そして発想力も必要になってきます。

なので、常にネット、新聞などの情報にアンテナを立てるというのも必要になるので、全てに目を向けるように視野を広げましょう。