働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

親から受け継いでしているアパート経営について

数年ほど前から、親がもっていたアパートを受け継ぐことになりました。

アパートといってもかなり小規模のものなので、家賃収入といってもほんとに微々たるものです。アパートの運用に関しても、ずっと、管理会社に任せきりで、自分としては、ほとんど何もやっていな状態でした。

しかし、なかなか店子が見つからない状態なので、現状の管理会社よりも、大手の管理会社の方が良いのかとも思い、鹿島系列や、三菱地所系列等の大手の管理会社がどんなものなのか、ネットで調べてみたり、アパートの経営に関するセミナーにも参加しました。

しかし、やはり、現状を一気に改善するようなことはないだろうというような印象のものが多かったようにに思います。それなら、今までお世話になってきた、地元に密着した形での管理会社の方がまだマシなのかもしれないと思い、管理会社を代えることはやめようという気になりました。

現状のアパート経営の一番の問題は、地方ということもあり、店子がなかなか見つからないということにつきると思います。

店子が見つからなかったとしても、管理費用は常に月々一定額かかるので、ほとんど儲からないというようなアパート経営社も多いのではないでしょうか。

余り儲からないのなら、いっそ売却していまおうかなと考えなくも無いですが、提示される売却金額は、購入額を考えれば、とても売ることはできないと思えるような金額ばかりです。

結局、どんなに少なくとも、赤字にならない限りは、現状を維持してほそぼそとした収入を得ていくしか方法がないように思えます。

窓を開ければ自然の景色が楽しめる、そんな鎌倉生活が夢です。

誰でも知ってる鎌倉市ですが、ここは多くの歴史遺跡を持つ、いわゆる古都としてのイメージがかなり強い地です。

でも、室町時代中期以降に衰退してしまったために、都市としての鎌倉の歴史は続いていないのですね。ですから今のように観光地としての鎌倉が誕生したのは、どうやら昭和以降のことだったそうです。けっこう意外ですね。

やっぱり僕は鎌倉で暮らすなら、鎌倉駅周辺が第一希望です。

それはなんと言っても鎌倉では有名な鶴岡八幡宮も近くだからですね。厄除けや初詣に参拝するのもいいけれど、たんにブラブラ散歩するにも心癒される場所です。前に行ったときは外国人の方に写真を撮ってくれと頼まれました。

鎌倉の街に似合う家とは、いったいどんな家なんでしょうね。

僕ならやっぱり一戸建てです。けっしてオシャレでなくてもいいんです。心が豊かになるような、そんな落ち着いた感じの家がいいですね。

そうですね、たとえば、窓を開ければ、そこには自然の景色が当然のように楽しめるというような。ちょっと贅沢でしょうか。

家を探すには、まず必要なのが不動産屋さんを探すことですね。

僕はよく町を歩き回って、小さな不動産屋さんを回っていました。そうそう、この鎌倉市にある不動産屋さんは、僕が調べたところ62件ありました。ネットで探すなら、鎌倉市御成町の不動産会社 ハウスモリー 鎌倉湘南店は、ウェブサイトが充実してましたよ。