働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

自治体が運営する清掃工場で事務の仕事をしています

清掃工場運営のための事務をしています。

清掃工場は自治体が運営しているため、公的機関です。

本当は市役所で働きたいと思っていました。

ですが、面接試験で不合格になってしまいました。

抑えで受験した清掃工場で働くことになりました。

毎日の仕事内容

毎日、他の職員の出勤状況の確認や、電話応対が主な仕事です。

それに、契約で使用する契約書の作成や、代金の振込などを行っています。

基本的にはルーチンワークです。

稀に職員がケガをした際の対応など、イレギュラーな出来事が起こることもあります。

会社は200人くらい

会社は200人くらいで、私の部署には60人います。

私と同じ仕事をしているのは、12人です。

月々の平均収入は、23万円程度です。

作業に比べて明らかに多いと思います。

基本的には土日休みです。

稀に土曜日出勤があります。

ただ、特にやることもなく、ボーっとしているだけなので何だか得した気持ちになれます。

この仕事でつらかったこと

この仕事で辛かったことは、住民から指輪を間違えて捨ててしまったという連絡がありました。

大量のゴミを貯めておく場所を探さなければならなくなった時です。

例えるならば、太平洋に逃げたメダカに石を当てるようなものです。

見つけるのは、ほぼ不可能だというムード。

ですが、住民に言えるわけでもなく、とにかく懸命に探すふりをして諦めてもらいました。

嬉しかったこと

嬉しかったことは、清掃フェアというイベントを大成功させた時です。

特に子供が喜んでいました。

毎日残業をして、準備をした甲斐があったと思いました。

自分の子供や友人がこの仕事に就きたいと言ったら、勧めたいと思います。

特に環境に関心がなくても地域行政に貢献できる仕事です。

特にまちづくりに関心があるのであれば、向いている仕事だと言えます。

2021年11月21日 at 08:53
世の中の仕事、実務の現場

自動車部品メーカーでのソフトウェア開発の仕事について

私は某自動車部品メーカーでECUと呼ばれる自動車部品を制御するコンピューターに搭載されるソフトウェアの開発を行っています。

私の仕事についてご紹介します。

自動車にもたくさんのソフトウェアが搭載されています。

ソフトウェアというと、パソコンやスマートフォンで動くアプリが身近だと思います。

実は自動車にもたくさんのソフトウェアが搭載されています。

例えば、衝突安全のための自動ブレーキの制御などは正にソフトウェアです。

また、運転席のモニターに表示する速度の計算も、実はけっこう複雑な計算をソフトウェアでしています。

そう考えると、実にたくさんのソフトウェアがクルマには入っているのだと想像できるでしょうか。

この仕事をはじめたきっかけ

この仕事をはじめたきっかけですが、元々小さい時からクルマが好きでした。

そして、ずっとクルマの開発に携わりたいと思っていました。

しかし残念ながら新卒の時はどの会社にも縁がありませんでした。

その後、社会人3年目で転職をしてこの業界に入りました。

ソフトウェア開発は、大学の時に始めてからゲーム作成などでハマったのがきっかけです。

始めはモジュール開発から

これまで色々な部品のソフトウェア開発に携わってます。

はじめはソフトウェアの中の小さなモジュール(部品)を開発でした。

その後、徐々に大きなモジュールを担当するようになりました。

今はソフトウェアシステム全体の設計を担当しています。

車のソフトウェア開発の仕事内容

仕事の内容についてです。

システム全体の設計は、商品開発の序盤の方から始まります。

ある程度製品の企画レベルの話から、プロジェクトにかかわっていきます。

コンセプトが固まった後ぐらいから参加して、

  • 「どういう機能を実現したいのか」
  • 「そのためにはどういうセンサーが必要か」
  • 「どれくらいの処理能力のCPUが必要か」

など、ハードウェア担当の方とも協議して設計を固めていきます。

同時にソフトウェアの中身についても、ある程度詳細化していきます。

各モジュール設計の方が作業できるようにしていきます。

私の立場は、マネージャー

また、これは会社によると思うのですが、私の場合はソフトウェア全体の開発についてマネージャーのような役割も持っています。

進捗管理や予算管理などの管理業務です。

これはあまり楽しくはありません。

以前まったく仕事をしてくれない方が入ってきた時期がありました。

その時は、進捗が進まなくて泣きそうになりました。

やる気をださせるマネージメントは今も勉強中です。

苦労すること

苦労することとしては、やはりハードウェア担当の方との折衝です。

ハードウェアを豪華にして、頑丈にしたりスペックの高いCPUを載せたりすると、量産時の製造コストにひびいてきます。

なので「ソフトウェアで何とかしてください」と言われることが多いです。

ちゃんと説明して適切な役割分担に持っていくことは大変です。

そこを適切な役割分担に持っていけないと製品の将来性に大きくかかわってくるので気合が入る部分です。

いい設計だと思える内容に落ち着いたときは嬉しいですね。

給料は?

最後に会社の規模や待遇面について紹介します。

まず規模についてですが、会社は20,000人くらいです。

事業部だと200人くらい私のチームは10人くらいの規模です。

業界の中では中くらいの規模だと思います。

お給料は月々の額面で、残業込み40万くらいです。

これにボーナスが、夏冬あわせて4ヶ月くらいです。

お給料だけで見ると、そこまで高給ではないかもしれません。

ですが、休みもとりやすいですし、全体の待遇としては不満はありません。

クルマが好きな方でコツコツ頑張れる方にはオススメの仕事

クルマが好きな方でコツコツ頑張れる方にはオススメの仕事だと思います。

ソフトウェアは大人になってから始める方もいらっしゃるので、自分で勉強ができる方なら学生のうちに経験がなくても大丈夫です。

2021年10月24日 at 05:45
世の中の仕事、実務の現場

貿易商社の購買事務の仕事は、コミュニュケーションと責任が伴うやり甲斐のある仕事

貿易商社で購買事務の仕事をしています。

新卒で入社し、配属されたのが購買でした。

貿易商社での購買事務の仕事内容

仕事内容は、子会社である精密部品工場で使用する原材料や部品を購入し、買掛金を管理することです。

毎日の作業は、工場から送られてきた注文書に基づいて、それぞれの仕入れ先に見積もり依頼。

比較検討し、注文書発行。

納期を確認し、工場へ連絡。

商品が入荷したら、検品と個数の確認。

注文残高の把握や、納期通りに商品が入荷したか、などをチェック。

遅延がありそうなときは、工場と調整したり、他の仕入れ先を探したりすることもします。

月末には、仕入れ先から送られてきた請求書をチェックし、経理システムに入力、買掛管理台帳を作成。

これらが月単位で回ります。

お給料や仕事内容について

会社は、地方の中小企業なため、購買の部署には7名、自分と同じ仕事は2名です。

給料は、手取り月収20万円程度。

特別なスキルが必要な専門職ではないので、少なめだと思います。

作業は、課長の下、直接工場の担当者とやり取りして仕事を進めます。

事務職は、デイリー、ウイークリー、マンスリーと同じ作業の繰り返しなので、その点はつまらなく感じることがあります。

楽しいこと、つらいこと

楽しいことは、工場や仕入れ先担当者とコミュニュケーションが取れることです。

特に、どこを当たっても在庫が見つからなかった商品を、仕入れ先担当者も協力してくれて、なんとか購入できたときには達成感でいっぱいになりました。

辛かったのは、発注ミスをしてしまったこと。

部品の型番を間違えて不要な部品を購入したため、工場からの納期に間に合わなかった事がありました。

それだけでも辛いですが、上司である課長が部長から怒られていたのを目にした時が辛かった。

課長は信頼して任せてくれていたのだと思うと、申し訳なさでいっぱいでした。

購買事務の仕事は、コミュニュケーションと責任が伴うやり甲斐のある仕事です。

2021年09月24日 at 15:02
世の中の仕事、実務の現場