働く人々。世の中の仕事、実務の現場

世の中の仕事の内容や実務の現場、キャリアパスについて色んな人に聞いてみました。

街のマッサージサロンで仕事をしている私の体験談

私は、マッサージサロンを経営しています。

お客様にマッサージを施す業務を行っています。

毎日のお仕事

予約の電話やネットで予約を受けて、いらっしゃったお客様に対して適切なマッサージの施術を行っていきます。

お客様のニーズに合わせることもあります。

必要に応じてメニューの提案を行ったり、難しいものに対して医療機関へ行くように勧めることもあります。

基本的に可能な限り、要望に沿った施術を行うようにしているのが日常の業務です。

お店は、アシスタント一人です

アシスタント的な存在のスタッフが1人、自分が経営しています。

同じ仕事と言うと語弊がありますが、スタッフをカウントすれば2人で施術をしていると言った状態です。

月収は20万円ほど

売り上げからテナント料などを引いていくので月収は20万円程度です。

自営なのでボーナスはありません。

アシスタントは、頑張っているので可能な限り渡しています。

給料は少なく感じる

仕事の内容からすると、20万は、少ないかもしれません。

確かに売り上げベースで見れば、サラリーマンの方よりはあるのですが、出ていく分が多すぎるため薄給です。

また、拘束時間も長く、酷い場合は深夜になることも少なくありません。

むしろ深夜に予約が入ることが多いため、自覚はないのですが夜間営業のお店になっています。

お仕事で辛かった出来事

施術を受けて悪化したと言われ返金を求められたことです。

フルメニューでかなり施術料金が高めだったのですが、高いと言われた上にお客様にそういったクレームをつけられました。

裁判を起こすとも言われましたが、返金で解決出来ました。

ただ、今思えば風貌から、堅気の方ではなかった可能性があります。

仕事で楽しかった出来事

施術内容が、良かったから家族を連れてきたというお客様や、喜んで帰っていただけるお客様の顔を見るのが嬉しいですね。

つまり、毎日何かしら楽しい出来事があります。

収入が不安定すぎるので、あまり人には勧められません。

自分の子供や友人)が自分の仕事に就きたいと言ったら、すすめませんね。

収入が不安定なのと、繁華街で営業すると深夜に仕事が集まる傾向があるため拘束時間が長いです。

またいくら稼いでもテナント料やアシスタントの給料と言った支出も多く、辛いというのもあります。

2021年08月31日 at 01:10
世の中の仕事、実務の現場

主婦からスキンケア商品の販売員を始めました

ショッピングセンターにあるスキンケア商品専門の販売店に勤めています。

働くきっかけになったのはショッピングセンターの求人掲示板に貼ってあった求人募集です。

パートを始めるつもりで主に事務の求人に応募

当時下の子どもが小学校に入学し自由な時間が増えたため、パートを始めるつもりで主に事務の求人に応募していました。

しかし私の希望する平日のみの時短の事務パートは人気職で、応募しては落ちるのを繰り返してしました。

販売の求人を見つけたのは、そろそろ希望職種を見直した方がいいのかもしれないと考えていた時でした。

スキンケア商品の販売員、面接からはとんとん拍子に採用

過去に接客業を4年ほど経験していたこともあり、面接からはとんとん拍子に採用が決まり、平日1日と日曜日、祝日の勤務で採用されました。

仕事初日に、まずは扱っている商品について特徴を覚えて欲しいということで沢山の資料を渡されました。

そこからは、お客様のいない時間を見つけては商品についてレクチャーを受ける日々でした。

勤務日数が週に2回と少ないため、家でも商品知識についての復習は欠かしませんでした。

並行してレジ業務を覚え、商品の配置や在庫の保管場所、また在庫管理票の見方、どれくらい在庫が減ったら発注をかけるべきかなど、レジ業務と接客以外の業務の多さに、最初の3ヶ月は何度もくじけそうになりました。

また、テナントとして入っているショッピングセンターの独自のルールなども覚える必要があり本当に大変でした。

平日5時間、日曜日8時間の勤務で大体月平均5万円から6万円

働いているショップは国内外のマニアックなスキンケア商品を扱っています。

店舗には社員である店長と副店長の2人と、私を含めた3人のパート従業員がいます。

一通り仕事を覚えた今、接客や店内清掃、レジや在庫管理など一通りの業務をこなせるようになりました。

時給も50円アップの950円となり、平日5時間、日曜日8時間の勤務で大体月平均5万円から6万円の間のお給料を頂いています。

販売業の平均的な時給と業務内容から鑑みて、妥当なお給料だと言えます。

一番好きな業務は接客

一番好きな業務は接客ですが、いちど私が販売した商品で肌荒れが起こったとお客様が来店された時は大変申し訳なく思いました。

病院も受診されたとのことだったので、店長や本部の方と相談し、それ相応の対応をさせて頂きました。

お客様へのカウンセリングはしっかり行って販売しなければならないと大いに反省した出来事でした。

化粧品好きのパート主婦にはオススメ

もし、自分の友人や家族がこの仕事をしたいというのなら、化粧品好きのパート主婦にはオススメしますが、社員としてならオススメはしません。

小売り業界は今ネットにおされ、特に化粧品は厳しい戦いを強いられているからです。

実際働いてみてそれはひしひしと感じます。

『ネットの方が安い』とお客様から言われたことは一度や二度ではありません。

しかし働いていてやりがいを感じる瞬間は確かにあり、リピーターのお客様が来店された時はとても充実感を感じます。

また、この仕事をしていて嬉しいのは、取り扱っている化粧品メーカーさんから従業員の用のサンプルを頂けることです。

通常のサンプルはお客様用なので従業員でも気軽に試すわけにいかないのです。

最新の商品を試すことが出来るのは役得と言えます。

2021年08月25日 at 17:52
世の中の仕事、実務の現場

IR担当者の仕事は、ひとことで言えば自社株の営業マンです

私は以前、株式上場企業のIR担当者の仕事をしていました。

この会社の社員数は約150名で、管理本部のIRグループは私のみでした。

IR担当者の仕事

具体的な仕事の内容は、会社の業績や事業内容を、投資家や株主に広報することです。

さらに詳しく説明すると、四半期決算ごとに経理部と協力して決算資料を作成し、適時開示を行います。

決算書を適時開示したあと、自分の会社のホームページにすみやかに決算書を掲載します。

そして、決算発表した翌日から、機関投資家向けや個人投資家向けの決算説明会を開催したり、機関投資家や証券会社のアナリストを個別訪問して決算内容を説明していきます。

この仕事だけで1年間のうち8ヶ月を使います。

IR担当者の主な仕事は、自分の会社の株式を投資家に購入してもらうための営業活動といって、支障ありません。

IR担当者は適時開示のためにいる

また、適時開示も重要な仕事です。

適時開示とは、東京証券取引所(東証)が定めた規則に基づいた開示です。

東証の定めた規則に定められた事項を、漏れなく適時開示することもIR担当者の重要な仕事です。

役員人事の決定や、業績の下方修正や上方修正、訴訟を行うときなどは適時開示をしなければなりません。

このため、会社で取締役会や経営会議が開催されるときは、傍聴人のような形で出席して話を聞いています。

そして重要事項が決定されると、東証のTD-NETというシステムを用いてただちに開示します。

そのため、日頃から会社の社長や取締役だけでなく、東証の担当者とは円滑なコミュニケーションをできなければ仕事が成り立ちません。

株主からの問い合わせへの対応もあります。

また、日常的な仕事としては、毎日自社株の株価をチェックすることが挙げられます。

そして、投資家や株主からのメールや電話での問い合わせに対応することが挙げられます。

もっとも多い問い合わせ内容は

「なぜ、株価が下がったのか」

というもので、これに対しては

「当社の立場としては、どなたが売られたのかは承知していません。
業績向上を通じて、株価が上がるよう努めてまいります」

とお決まりの回答しかできませんから、株価が下落している局面では投資家や株主から電話越しに怒鳴られることも珍しくありません。

しかし、株主は損失を被っているのですから、仕方がありません。

仕事でつらかったこと

仕事上、辛かったことは投資家から怒鳴られたことですが、もっとも辛かったことは社長から、株価の下落局面で罵声を浴びて怒鳴られたことです。

社長は、会社の創業者であり、株式を30%以上保有する事実上のオーナーでもあったのです。

そして、社長によるIR担当者の評価基準とは「自社株を商品と認識して、できるだけ投資家に株を買ってもらい、株価を上げること」でした。

つまり、私は株式の営業マンという位置づけをされていたのです。

そのため、業績が悪いときや、世界経済が金融危機に見舞われて自社株の株価が大幅に下落したときは、社長から呼び出されて「おまえは無能だ」とか「どうして、株価が半分になるんだ」と怒鳴られて悔しく、辛い思いをさせられました。

楽しかった思い出

一方、楽しい思い出もあります。

それは海外ロードショーです。

海外ロードショーとは、外国の機関投資家やアナリストに対して、会社の事業内容や業績、今後の経営戦略を説明することです。

東京証券取引所での売買シェアの60%を海外投資家が占めていますので、外国の投資家は重要です。

2回、私も社長に同行してロンドン、フランクフルト、ニューヨークをまわったことがあります。

仕事の実務は、証券会社が手配してくれますので、仕事上の大変さを感じることはなかったですし、観光もできましたので楽しかったです。

IR担当者の年収は?

ちなみに、IR担当者の仕事は重要な業務とみなされており、私の年収は約800万円でした。

そして、仕事の大変さや業務量と比べて考えると、妥当な給与水準だったと思います。

決算発表前から決算発表後にかけての繁忙期は深夜残業が当たり前でしたが、閑散期は毎日18時の定時で帰ることができました。

IR担当者になりたい方へ

仮に、私の子供や友人がIR担当者の仕事をやりたいと言ってきた場合には、まず簿記知識を身に着けるようアドバイスします。

決算書を理解できなければ仕事にならないためです。

また、コミュニケーション能力が重要であるため、コミュニケーション能力を磨くことを勧めます。

自分から積極的に証券会社のアナリストや機関投資家のファンドマネージャーに電話をかけて面会の約束をとりつけないと、仕事にならないためです。

そして、メンタルを鍛えることも重要とアドバイスします。

どんなに仕事で努力しても、株価が下がる局面があります。

このようなときはIR担当者は針の筵に座る思いをさせられますが、これに耐えられないようではIR担当者は務まらないからです。

2021年07月28日 at 00:35
世の中の仕事、実務の現場